■渥美饒児 公式サイト

http://george.10-ryu.com



RECOMMEND
沈黙のレシピエント
沈黙のレシピエント (JUGEMレビュー »)
渥美 饒児
病死した老人の資産が架空口座に移され、何者かの手によって引き出されていた。
旧知の新聞記者からその事実を聞かされた刑事一課の武藤は、事件のにおいを感じ取り密かに捜査を開始。
しかし、先手を打つかのように週刊誌に捜査情報の記事がリークされる。正体不明のフリージャーナリストに追いたてられるかのごとく、事件にのめりこんでいく武藤。
事件はやがて殺人へと発展し、犯人は逮捕された。だが、なおも不審を捨てきれない武藤の前にフィリピンでの臓器売買の暗部が浮かび上がる……。
RECOMMEND
原子の闇 上 - 被曝隠蔽 (中公文庫)
原子の闇 上 - 被曝隠蔽 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
渥美 饒児
東名玉突き事故の過失者として妹を亡くした鷹野は、その死に不審を覚え、真相の
究明に乗り出す。ネットで知り合った新聞記者恵子と調査を続けるうちに、次々と怪
しげな関係者たちが現れ、妹が実際には、殺されたことを知る。
そしてその殺人の裏には、妹の恋人が巻き込まれた原発事故隠蔽が絡んでいた!
RECOMMEND
原子の闇 下 - 利権争奪 (中公文庫)
原子の闇 下 - 利権争奪 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
渥美 饒児
妹の事故は、原発事故の隠蔽にかかわるものだと知った鷹野は、妹の恋人合田とと
もに黒幕の正体を探りにかかる。しかしその真相は深い献金汚職の闇に閉ざされてい
た。厚い壁の存在に焦る鷹野と合田。
 原発事故で被曝した合田は日に日に弱り、残された時間は少なくなっていく。果た
して事件の全貌を暴くことはできるのか!
RECOMMEND
ジャパン・シンドローム
ジャパン・シンドローム (JUGEMレビュー »)
渥美 饒児
静岡県、東名高速三ヶ日インター付近で起きた深夜の八重衝突。
この事故で妹を失った鷹野浩司は、妹の突然の車線変更が
事故原因だと知らされ不信を抱いた。なぜ、慎重な妹が?
真相を明らかにすべく調査を始めた鷹野は、事故車両から宇宙服の
ような防護服に身を包んだ人物が逃走したという目撃情報を得る。
次第に明らかになる東海電力「静浜原発」の大規模放射能漏れ事故、
そして原発利権に群がる企業と政治家による隠蔽工作。
新聞記者宮沢恵子、事故で被爆した合田耕三の協力を得て、鷹野は
孤独な闘いを挑む・・・・・。
RECOMMEND
十七歳、悪の履歴書―女子高生コンクリート詰め殺人事件
十七歳、悪の履歴書―女子高生コンクリート詰め殺人事件 (JUGEMレビュー »)
渥美 饒児
1988年(昭和63年)11月25日午後8時30分、〈女子高生誘拐事件〉は起こった。その後41日間におよぶ暴行・監禁後、少女は惨殺された上にドラム缶にコンクリート詰めされた。事件から15年が過ぎて、加害者4人中、3少年はすでに出所している。密室の中で何が行なわれ、なぜ少女は虐殺されなければならなかったのか。
 少年たちは、突然にこの凶行を行なったのではない。彼らが凶行にいたる人生の中で、家庭が、友人が、学校が、警察が、1人の人間として真剣に体を張って彼らと向き合っていれば、こうした事件も未然に防がれたと思われる。このことは本件のみに留まらず、近年増加する少年犯罪に共通することのように思われるのだ。
 少年事件が起きるたびに、家庭の責任、学校の責任、社会の責任が口にされる。いつから日本は人間不在の国になってしまったのか……。
RECOMMEND
ジョン・レノンをめぐる旅―ニューヨーク感傷旅行
ジョン・レノンをめぐる旅―ニューヨーク感傷旅行 (JUGEMレビュー »)
渥美 饒児
ニューヨークは世界中の目をひきつける街である。
著者はそこに世紀末を生きる人間の姿を求めて
旅立った。スノッブなディスコ、モダンアートといった
ニューヨークの表相を縦糸に、ジョン・レノンの思い出
を横糸として紡がれており、60年代からの著者の
精神史が旅行記を通じてみずみずしく描かれている。
             (1990.4.18読売新聞)
RECOMMEND
孤蝶の夢―小説北村透谷
孤蝶の夢―小説北村透谷 (JUGEMレビュー »)
渥美 饒児
恋愛至上主義と芸術至上主義、そして『内部生命論』より
日本近代文学成立に絶大な影響を与えつつ25歳ではかな
くも自殺した天才的な詩人〈北村透谷〉。
彼の短い生涯は、まさに戦いの連続であった。たび重なる
気鬱病の再発、民権運動への傾注と離脱、自由韻律詩の発
表、自由恋愛の提唱と藤村との出会い、キリスト教入信、
日本初の平和運動への参加、文芸誌創刊と近代文学確立の
ための闘争…。明治維新以後の、急激な社会変化の最先端を
にない戦った文学者・透谷の清冽な生涯を綴ったモデル小説―。
RECOMMEND
ミッドナイト・ホモサピエンス
ミッドナイト・ホモサピエンス (JUGEMレビュー »)
渥美 饒児
第21回文藝賞受賞作品
主人公は〈動物園〉の飼育係―。
人間と動物との共存を可能と信じ〈飼育〉という仕事に
誇りをもっていたが、わが子のように育ててきたチン
パンジーの赤ん坊が死ぬことによって自分の無力を
嘆く。 やがて彼は、野生の動物たちをオリに閉じこめ
て見世物にする人間の身勝手を思い知る。
飼育の問題を通して現代文明の末路を暗示し、
動物の立場から人間中心主義を告発した小説。


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

渥美饒児(あつみ・じょうじ)ブログ

〈作家〉
「ミッドナイト・ホモサピエンス」で第21回文藝賞を受賞。その後、エッセイ「ジョン・レノンをめぐる旅」・モデル小説「孤蝶の夢」を出版。平成13年1月、地元を舞台にした長編ミステリー小説「ジャパン・シンドロ−ム」を発表。
 平成16年4月刊行の「十七歳、悪の履歴書 」が、「コンクリート」と改題され、主演・高岡蒼甫、三船美佳にて映画化となる。
近著に『原子の闇』(上・下巻)がある。現在、新刊『沈黙のレシピエント』を中央公論新社より発売中ー。
       1953年生まれ、静岡県浜松市在住。
      

『みどりの森の読書会』を開催する。
0
    『渥美饒児スペシャル3weeks』の第2弾として〈読書会〉を開催した。
    猖獗を極めた書斎から小生が厳選した書物は、
    丸山健二氏の珠玉のエッセイ集「されど孤にあらず」「生者へ」、デビュー作「夏の流れ」および「争いの樹の下で(上・下巻)」、写真集「荒野の庭」である。
    まさに、丸山健二尽くしの夜であった。













     
    | - | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    新聞記事が掲載されました。
    0









       
      | - | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      講演会が無事に終わって。
      0
        『小説を書くということ』と銘打った講演会が無事に終了しました。私としては、肩の荷が下りた気持ちです。

        本日からは、通常の入場無料の展示会となります。私も極力、在廊するつもりです。

        4/15 (金)は、〈読書会〉を行ないます。会費 2,000円(軽食付き)。お気に入りの本を1冊持参していただき、みなさんで読書についてお話しする楽しい会です。

        是非、お誘い合わせの上、お越しを楽しみにお待ちしています。


        (お申込み: 053-448-0658 または yunikoon55110628@gmail.comまで)






         
        | - | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        本日より、『小説家・渥美饒児スペシャル3 weeks 展』 が開催される!!
        0
          本日より《みどりの森の美術館》にて『小説家・渥美饒児スペシャル3Weeks 展が開催されました。
          会場では渥美饒児にまつわる展示品(ゲラ刷り・創作ノート・新聞連載小説・映画化資料)のほか、著書の販売も行なっています。(絶版本もあるため数に限りがあります)
          明日は、4/9 (土)PМ6:00より
          『小説を書くということは』と題して講演会を行います。軽食準備の都合上、参加ご希望の方は下記の〈電話〉または〈メール〉にご予約ください。(参加費 2,000円)
          同時に『三島由紀夫コーナー』も併設し、〈肉筆原稿〉〈初版本〉〈限定本〉〈自決当日の新聞〉なども展示しています。

          また、会期中には(火〜木曜日は休廊)、4/15〈読書会〉4/24〈自作について語る〉を実施いたします。(各軽食付き)
          お誘い合わせの上、お越しいただければ幸いです。1人でも多くの方々とお話しできることを楽しみにお待ちしています。
          詳しくは下記をご覧ください。イベント以外の入場は無料です。
          (お申込み: 053-448-0658 または
          yunikoon55110628@gmail.comまで)











           
          | - | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          『渥美饒児スペシャル展』の開催が決定!!
          0
            4/8 ()4/25 ()まで《みどりの森の美術館》にて『小説家・渥美饒児スペシャル3Weeksを開催することになりました。会期中(火〜木曜日・休廊)には、〈講演会〉〈読書会〉〈語らう会〉を実施いたします。
            お誘い合わせの上、お越しいただければ幸いです。1人でも多くの方々とお話しできることを楽しみにお待ちしています。
            詳しくは下記を御覧ください。入場は無料です。
            (お申込み: 053-448-0658 または yunikoon55110628@gmail.comまで)










             
            | - | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            スマホのオーナーになる。
            0
              昨日より、この歳(?)になり、スマートホンを持ち歩くことになった。
              従来のガラケーでも良かったのだか、家族で〈ソフクバンク〉に乗り換えることから自分もスマートホンに切り換えた。
              あまりにも機能が多すぎて、とても手に負えそうもない。やっと電話とメールができるようになった。したがって昨夜以来、ほとんどスマホに触っていない状態である。
              メールアドレスの変更連絡は、しばらくお待ちください。悪しからず、ご容赦ください――。



               
              | - | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              暗闇の果てに光明が……。
              0
                小説が行き詰まり悶々とした日々を送っていたが、ほぼ1週間ぶりでやっと突破口が見つかった。(600枚超過)

                こればかりは誰にも助けてはもらえない。泣き言も通用しない。順調にエンディングまで乗り切りたいものだ。






                 
                | - | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                今月の『小説講座』を終える。4月には『読書会』を予定!!
                0
                  午前中、2月の『小説講座』を無事に終了する。
                  主催者の意向で講座名を『〜気軽に書ける〜プロが教える小説実践』に変更する予定をしています。

                  また4月には、新たな『読書会』のワークショップを実施します。同時に、リクレーションとして“竹の子採り”も計画中―。
                  詳しくは、後日、改めて報告いたします。皆さんの参加をお待ちしています。




                   
                  | - | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  『巨匠の名画に見る四季』の美術講演会に参加する。
                  0
                     ベルギー王立美術館公認解説者の森耕治氏による『巨匠の名画に見る四季』のスペシャル講演会に参加した。15世紀・16世紀の名画について、森氏の視点による解説が興味深かった。小説同様に絵画好きの私には、大変有意義な時間だった。




                     
                    | - | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    今年初の『小説講座』に行く
                    0
                      2016年、第1回目のSBS学苑『小説講座』の授業をした。新入生が1人増えて、若い生徒さんが多くなった。
                      中には文学賞への投稿経験者もいて、皆さんの今後の活躍が楽しみです。






                       
                      | - | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |